インテリアに合わせてリフォームをしてみよう

豊かになる

間伐によって豊かになれる

間伐とは、林業の主流とも言える行いです。 森や山を壊さずに、間伐材という製品を作り出すのが使命なのです。とても意義のある行いで、間伐材を必要とする人間もたくさんいるのです。間伐によって、豊かになれるのは人間だけではなく、森や山などの自然にとってそうです。間伐は自然環境にも優しい林業なので、みんなが幸せになれるような構造が出来上がります。間伐によって、建築物が完成したり家が建てられたりと、とても価値のある行いなのです。近年では、バイオマスといった用途もあり、さらなる地球環境や人間への貢献が期待できそうなのです。将来性のある林業とも言えます。人手不足なども問題視されていますが、林業のやりがいと魅力をしっかり伝えて行けば、改善されると思います。

間伐の必要性について

間伐とはわかりやすくいうと、木の間引きのことです。多くの木がある森林は、私たちが生活していくために、温室効果ガスの二酸化炭素を吸収するなどのさまざまな恩恵をもたらしてくれます。そのような森林を守り、緑豊かに成長させるために欠かせないのが間伐です。 森林に苗木を植えて、それが10年、20年と成長していくと、木々が肥え太り、枝葉が重なったりしてお互いに成長を邪魔するようになってきます。このようなときに間伐を行い、木々の一部を抜き伐ることが大事なことなのです。 間伐によって、重なっていた枝葉がのびのびと成長し、健全に成長することができます。間伐を適切に行わないと、木々の生長が悪くなり、二酸化炭素の吸収力も弱まってしまいます。間伐を行うことで、木々の健全さが保たれ、また下の根のほうにまで光が入るようになると、そこの環境もよくなり、生態系も守られるのです。