インテリアに合わせてリフォームをしてみよう

高めること

防犯砂利を庭に敷いて防犯力アップ

日本の安全神話も崩れつつあると言われていますが、自分のことは自分で守るという意識も必要なことは間違いありません。特に、自宅の防犯はしっかり対策をしておきたいものです。簡単にできる防犯対策として庭に防犯砂利を敷き詰めるという方法があります。 防犯砂利は、踏むと音がするため侵入者の存在を知ることができます。また、防犯砂利が敷いてある家は防犯意識が高いだろうということで侵入者に対する抑止力にもなります。ただ、自分で踏んでいると粉々になってきますので景観的な満足度はあまり得られないかもしれません。 防犯砂利の価格はいろいろですが、色にこだわらなければ40リットルで1500円程度、庭に合った色を選ぼうとするともう少し割高になるというのが相場のようです。

防犯砂利の特性について

防犯砂利とは、元々ガーデニングの文化が醸成されているヨーロッパにおいて利用されており、防犯目的と美観効果を兼ね備えた園芸用資材です。 ヨーロッパのガーデニングでは主流となって用いていましたが、日本でも防犯砂利が新築住宅や外構リフォーム工事などで利用されるケースが増えてきました。 防犯砂利はその特性上、敷き詰めた部分に人が足を踏み入れると、砂利同士が擦り合い高周波の音を出すという特徴があり、不審者の侵入を抑制する効果があります。また、綺麗に敷き詰めることで、庭の美観を向上できることから、一石二鳥の効果が得られます。 防犯砂利を施工するには、まずは下地作りが重要であり、雑草が生えることを抑制するための防草シートなどを準備しなければならないため、単純に敷き詰めるだけでは、効果が薄れてしまうことを理解しておきましょう。